お知らせ

リーガルビジネススクール国際法務担当者育成コース《第1回》

関連記事

More from my site

  • 2019年5月23日 中上級者向け~クロスボーダーの(英文)秘密保持契約について<1> この度、初めてリーガルBusiness School […]
  • 2018年12月3日 だれでも目にする秘密保持契約の存在意義と本当に必要な措置を考える このコラムでは、民間企業でのビジネス経験のある法務担当者が、企業法務の世界に関心のある方向けに、初めてでも分かりやすい内容に噛み砕いてノウハウを公開していきます。 はじめに 民間企業の法務担当者がカバーする領域は多岐にわたります。 契約審査、M&A、訴訟予防、株主総会、クレーム対応、業法対応、さらに規制業種においては所轄官庁対応などに関わることもあり、とても […]
  • 法務の鉄人 (8) 『株主総会』2019年4月8日 法務の鉄人 (8) 『株主総会』 株主総会に携わる意義 3月下旬、そして6月下旬は、株主総会の季節である。 株主総会の運営は多くの会社は総務が中心になって行い、法務関連は想定問答などで関わるというのが一般的なスタイルだ。 私は法務関連部門の担当者としては、株主総会に深く関与した経験があるかで、リーガル人材として大きな価値の差が生じると思っている。それは、 1、会社で最大で最重要のイベントであり […]
  • Q&Aで学ぶ英文契約の基礎(1)- 国際契約が英文で長文の理由等2019年6月1日 Q&Aで学ぶ英文契約の基礎(1)- 国際契約が英文で長文の理由等 今回から英文契約書の基礎というタイトルで執筆させていただく浅井です(プロフィールは末尾をご覧ください)。英文契約に関する書籍は数多くありますが、このシリーズではQ&Aを通じ基礎を解説していくこととします。 Q1:国際契約は何故英文なのですか? A1:この原因は、かつては英国が、現在は米国が、国際的な取引の主なプレーヤーであることにあります。また、英語が世界で最も広 […]
  • 2019年1月7日 法務の鉄人(1)『ランチ』 はじめに 私の認識が確かなら、法務担当者もまた、ビジネスマンである。 そして、ビジネスマンであるからには、所属する会社が目指すべきもの、理想とすべきことを実現するために働くのがその使命であるといえよう。   今日では、法科大学院卒の法務・コンプライアンス担当者が増えた。私自身もそうである。   法科大学院制度自体は、残念なが […]
to top