お知らせ

リーガルビジネススクール国際法務担当者育成コース《全6回一括申込》

関連記事

More from my site

  • 2020年7月1日 GDPR関連資格をとろう! Q&Aで学ぶGDPRとCookie規制(11) – 死者・法人の情報/「特別カテゴリーの個人データ」/犯罪情報   今回は死者・法人の情報/「特別カテゴリーの個人データ」/犯罪情報に関し解説します。[1]   Q1: GDPR上、死者や法人のデータは保護されますか? A1: 保護されません。但し、死者のデータについてはこれを保護している加盟国もあります。 【解 説】 (1) […]
  • 2019年2月28日 法務の鉄人(4)「法務担当として短期に存在感を上げる方法」 前回までを【入門編】とするならば、今回からは […]
  • Q&Aで学ぶ英文契約書の基礎 第21回 -  不可抗力:中国準拠法の場合2020年4月15日 Q&Aで学ぶ英文契約書の基礎 第21回 -  不可抗力:中国準拠法の場合   記事広告:『終身雇用終焉後の法務キャリア』 今回は、中国企業から製品を輸入する契約において準拠法が中国法である場合、不可抗力(および事情変更)の問題がどのように扱われるかについて解説します。[1]   Q1: […]
  • 実業部門から見た法務部2019年8月29日 実業部門から見た法務部 1.法務部門と事業部門の関係 私は大手の建設系会社において通算半世紀に及び法務部門に在籍している。この点を聞くと人は残念ながら私にとって有難くない印象を頂く人が多い。「法律やコンプライアンスのルールといった難しくてとっつきにくいことばかりを口にする往々にして事業の妨げになることをする人間。」程度に思っている人が多いのではないだろうか。私が実際に経験したのはこういったことを確 […]
  • 2020年11月4日 労働者に関する法律上のカテゴリまとめと正規非正規格差問題(前編) 1.はじめに 本コラムは、ビジネスの現場で法務担当者が本当に役立つためにはどうしたらいいか、という視点で様々なノウハウをお伝えしています。今回も、前回・前々回に取り上げた「ギグワーカー」の記事に続き、働くことに関する内容となりますが、今回は、労働法制の保護を受ける「労働者」のみに焦点を当てます。前編で様々な用語の整理をして、全体像を理解いただいたうえで、後編で正規社員と非正 […]
to top