Q&Aで学ぶ英文契約書の基礎 第45回-保証(Warranty)条項(6):消費者向け保証条項

 

本Q&Aの第40回~第44回(前回)では企業(商人)間の契約上の保証条項を解説しました。

米国では、企業が一般消費者向け商品について書面(保証書または契約書中の保証条項等)で保証を行う場合、企業(商人)間の製品保証とは異なり、その保証には、Magnuson-Moss Warranty Act[1](マグナソン・モス保証法)という消費者保護のための連邦法上の規制が適用されます。このマグナソン・モス保証法に従い“Limited Warranty”という標題のついた保証書・保証条項を見たことがある人も多いでしょう。同法は自社が米国で消費者向け製品を販売する場合には必ず知っておかなければならない法律です。

今回はそのマグナソン・モス保証法(以下「本法」ともいう)の概要と、その規制に従った保証条項の例について解説します。以下、主に脚注[2]のマグナソン・モス保証法に関するFederal Trade Commission (FTC)の解説(以下「FTC解説」という)に従い解説します。

【目  次】

(各箇所をクリックすると該当箇所にジャンプします)

Q1: マグナソン・モス保証法とは?

Q2: マグナソン・モス保証法の適用範囲は?

Q3: マグナソン・モス保証法により規制される者は?

Q4: 保証内容の事前確認機会の保障とは?

Q5: 黙示の保証の排除・変更禁止とは?

Q6: 保証の標題に関する規制とは?

Q7: 保証の記載方法・記載事項に関する規制とは?

Q8: 抱合わせ販売の禁止とは?

Q9: 欺瞞的または誤解を生じさせる保証の禁止とは

Q10: 非公式紛争解決手続とは?

Q11: 全面保証(Full Warranty)のサンプルは?

Q12: 限定保証(Limited Warranty)のサンプルは?

Q13: 黙示の保証の保証期間を限定する限定保証のサンプルは?

 

Q1: マグナソン・モス保証法とは?

A1: 1975年制定の連邦法で、消費者向け製品の保証に関し、消費者保護の観点から、①消費者が製品購入前に保証内容を知ることができるようにすること(保証内容の事前確認機会の保障)、②保証および保証内容の規制(黙示の保証の排除・変更禁止/“Limited Warranty”等の標題付け義務等)、③保証に関する企業・消費者間の非公式紛争解決手段の提供等を内容とするものです。

 

Q2: マグナソン・モス保証法の適用範囲は?

A2: 本法は、一般消費者向けに販売される商品(consumer product:消費者製品)の書面(保証書または契約書中の保証条項等)による保証(以下「書面保証」という)に適用されます(2301(1),(6)等)(数字は本法の条文番号。以下同じ)。なお、書面保証をすること自体は強制されていません。また、サービスに関する保証には適用されません。

 

Q3: マグナソン・モス保証法により規制される者は?

A3: 書面保証を行うメーカーの他、メーカーとは別に独自に書面保証を行う販売業者(両者総称して“warrantor”:「保証者」)、その他の販売業者等が含まれます(2301(4),(5))。

 

Q4: 保証内容の事前確認機会の保障とは?

A4: 価格15ドル超の消費者製品の場合、保証者は、以下のような方法により、消費者がその製品を購入する前に保証内容を確認できるようにしなければなりません(2302(b), FTC規則)。

– 保証内容のWebサイトでの掲載

– オフライン環境で消費者・販売業者が保証内容を知ることができる手段の用意

– 販売業者への保証書提供、等

また、その消費者製品の販売業者も、以下のような方法により、消費者がその製品を購入する前に保証内容を確認できるようにしなければなりません。

– 店頭商品への添付

– 消費者の要求に応じカウンターでの提示・提供

– 保証者がサイト上に掲載した保証書PDFの転送、等

 

Q5: 黙示の保証の排除・変更禁止とは?

A5:企業が消費者製品について書面保証を行う場合、商品性の黙示の保証および特定目的適合性の黙示の保証(以下両者を総称して「黙示の保証」という)(その意味・内容については本Q&A第39回Q3参照)[3]を排除・修正することはできません(排除・修正しても無効)(2308)。

但し、黙示の保証の期間を合理的期間に限定することは可能です。なお、(独自の書面保証を行わない)単なる販売業者は、製品についてメーカー等の書面保証がなされていれば、ほとんどの州で黙示の保証を排除することができます。

 

Q6: 保証の標題に関する規制とは?

A6: 価格10ドル超の消費者製品の書面保証には、以下の区分に従い、以下のいずれかの標題(タイトル)を付けなければなりません(2303)。

(1) 「全面保証(Full Warranty)」:以下の①~⑤全ての条件を満たす保証には「全面保証(Full Warranty)」の標題を使用(2303(a)(1), 2304)。

黙示の保証について保証期間の限定がないこと。[4]

②製品の最初の所有者だけでなくその後の製品を譲り受けた消費者全員に保証を履行すること。

保証は無償で実施されること。

④製品の修理を合理的な回数試みても修理できない場合は消費者の選択に従い新品との交換または全額返金に応じること。

⑤保証違反の通知以外に保証履行の前提条件を付けないこと。

(2)「限定保証(Limited Warranty)」:上記①~⑤のいずれか一つでも満たさない保証には「限定保証(Limited Warranty)」の標題を使用(2303(a)(2))。例えば、以下のような場合は「限定保証」の標題を使用しなければなりません。

(i) 黙示の保証の保証期間を限定する場合(例:製品購入日から1年間に限定)

(ii) 製品の最初の購入者に対してのみ保証する場合

(iii) 保証履行の部品代・工賃等が消費者負担の場合

(iv) 保証登録カード送付が保証履行の前提条件となっている場合

 

Q7: 保証の記載方法・記載事項に関する規制とは?

A7: 価格15ドル超の消費者製品の場合、保証者は、保証の内容として以下の所定記載事項を、明確かつ読み易い方法で記載しなければなりません(2302(a), FTC規則)

(所定記載事項)

– 保証者名称・住所

– 保証対象者(製品購入者以後の製品譲受人の扱い)

– 対象製品・部品

– 保証期間・保証内容(例:部品交換のみ/作業込み/修理不能時の交換・返金等)

– 消費者の義務・費用負担

– 保証の例外・除外事項

– 保証履行の請求手続

– 保証者が非公式紛争解決手段を利用する場合はその旨・内容

– 法律上の他の救済

– 保証履行の請求から対応までの所要期間、等

 

Q8: 抱合わせ販売の禁止とは?

A8: 抱合わせ販売(tie-in sales)とは、例えば、有償の定期保守、メーカー純正部品の購入等を保証履行の前提条件とすることであり、本法上禁止されています(2302(c))。

なお、保証者以外の者が提供した部品または実施した保守に起因する不具合等を保証対象外とすることは問題ありません。

 

Q9: 欺瞞的または誤解を生じさせる保証の禁止とは?

A9: 例えば、電子製品について、可動部品がないのに、「可動部品」のみについて保証する等、消費者にとり「欺瞞的または誤解を生じさせる(deceptive or misleading)」保証は違法とされ禁止されています(2310(c)(2))。

 

Q10: 非公式紛争解決手続とは?

A10: 保証者は、書面保証において規定することにより、消費者が保証者に対し訴訟を提起する前に、一定条件を満たす非公式紛争解決手続(Informal Dispute Settlement Procedures)(公平な第三者による調停・仲裁等)を利用することを要求できます(2310, FTC規則)。

 

Q11: 全面保証(Full Warranty)のサンプルは?

A11: 以下に「FTC解説」に例示されている全面保証(Full Warranty)のサンプルを示します。保証期間の限定はありますが、これは、第1文の、設置を含む、素材または製造上の瑕疵に関する明示の保証本Q&A第39回Q3参照)の保証期間であり、(商品性の黙示の保証および特定目的適合性の)黙示の保証に関しては何も触れられておらずそれが排除・修正されているわけでもその保証期間が限定されているわけでもありません

 

 

Counterpoint Carpet Corp. カウンターポイントカーペット社

Full Five Year Warranty 5年間の全面保証

 

What is Covered 保証内容

This warranty covers any defects in materials or workmanship, including installation, with the exceptions stated below.

この保証は、設置を含め、素材または製造上の瑕疵を対象とするものです(但し後述の例外があります)。

 

How Long Coverage Lasts 保証期間

 

This warranty runs for five years from the date your carpet is installed.

この保証は、カーペット設置日から5年間有効です。

 

What is not covered 保証の対象外となるもの

 

This warranty does not cover fading or discoloration caused by exposure to sunlight or chemicals such as ammonia, laundry detergent, or household bleach.

日光またはアンモニア・洗濯洗剤・家庭用漂白剤などの化学物質による色あせまたは変色は保証の対象外です。

(For information on how to prevent fading or discoloration, consult our manual “Care Tips From Counterpoint Carpet,” available free from your Counterpoint dealer.)

(色あせや変色を防ぐ方法については、カウンターポイント社の販売店で無料で配布されているマニュアル「カウンターポイントカーペット社お手入れの秘訣」をご参照ください)。

 

What Counterpoint Will Do カウンターポイント社による対応

 

Counterpoint will repair any carpet that proves to be defective in materials or workmanship.

カウンターポイント社は、素材または製造上の瑕疵があると確認されたカーペットを修理します。

In the event repair is not possible, Counterpoint will either replace your carpet with new carpet of similar composition and price, or refund the full purchase price of your carpet, whichever you prefer.

修理できない場合、カウンターポイント社は、お客様の選択に従い、同様の組成と価格の新品のカーペットと交換するかまたはカーペットの購入代金を全額返金いたします。

 

How To Get Service サービスを受ける方法

 

Contact any Counterpoint dealer, listed in the Yellow Pages under “Carpet,” or contact Counterpoint at 800-987-6543.

イエローページの「カーペット」に掲載されているカウンターポイント社の販売店に連絡するか、カウンターポイント社の800-987-6543の電話番号までご連絡ください。

A service representative will come to your home and take any necessary action to correct problems covered by this warranty.

サービス担当者がご自宅にお伺いし、本保証の対象となる問題を解決するために必要な措置を講じます。

 

How State Law Applies 州法の適用

 

This warranty gives you specific legal rights, and you may also have other rights which vary from state to state.

この保証は、お客様に一定の法的権利を与えるもので、お客様には、他の権利(州によって異なる)も与えられる場合があります。

 

 

Q12: 限定保証(Limited Warranty)のサンプルは?

A12: 以下に「FTC解説」に例示されている、顧客に工賃を負担させ、また、保証履行の前提として保証登録カードの返送を条件としているために限定保証(Limited Warranty)となっているサンプルを示します。

 

Magnifisound Corporation マニフィスサウンド社

Limited Warranty限定保証

 

What Does This Warranty Cover? この保証の対象は?

 

This warranty covers any defects or malfunctions in your new Magnifisound hearing aid.

この保証は、お客様の新しいマニフィサウンド補聴器(本製品)の瑕疵または故障を対象とします。

 

How Long Does The Coverage Last? 保証期間は?

 

This warranty lasts as long as you own your Magnifisound aid.

この保証は、お客様が本製品を所有している限り有効です。

Coverage terminates if you sell or otherwise transfer the aid.

お客様が本製品を売却しまたは譲渡した場合、保証は失効します。

 

What Will Magnifisound Do? 保証内容は?

 

Magnifisound will replace any defective or malfunctioning part at no charge.

当社は瑕疵または故障のある部品を無料で交換いたします。

You must pay any labor charges.

工賃はお客様のご負担となります。

 

What Does This Warranty Not Cover? 保証の対象外となるものは?

 

Batteries, or any problem that is caused by abuse, misuse, or an act of God (such as a flood) are not covered.

電池、不適切な使用または天災(洪水等)に起因する問題は保証対象外です。

Also, consequential and incidental damages are not recoverable under this warranty.

また、派生(結果)損害または不随損害は、本保証では請求できません。

Some states do not allow the exclusion or limitation of incidental or consequential damages, so the above limitation or exclusion may not apply to you.

州によっては、派生(結果)損害または不随損害の除外または制限を認めていないところもあるので、上記の制限または除外が適用されない場合もあります。

 

How Do You Get Service? 保証の履行を受けるには?

 

In order to be eligible for service under this warranty you MUST return the warranty registration card attached below within 30 days of purchasing the aid.

保証の履行を受けるには、本製品購入後30日以内に以下に添付の保証登録カードを返送していただく必要があります。

If something goes wrong with your aid, send it postage paid with a brief written description of the problem to:

本製品に何か問題が発生した場合は、本製品を、問題点を簡単に説明した書面とともに、送料着払いで下記までお送りください。

 

Magnifisound Corp.

Box 10000

Auditory, Ohio

 

We will inspect your aid and contact you within 72 hours to give the results of our inspection and an estimate of the labor charges required to fix the aid.

当社は、72時間以内に本製品を検査しその検査結果と修理に必要な工賃の見積もりをお客様にご連絡します。

If you authorize repairs, we will return the repaired aid to you COD within 72 hours.

お客様が修理を許可された場合、当社は72時間以内に修理済みの本製品を工賃引換で返送いたします。

You must pay any labor charges upon receipt of the repaired aid.

お客様には修理済みの本製品お受け取り時に上記工賃をお支払いいただく必要があります。

If you inform us that you wish us to provide necessary parts to you but you wish to have repairs performed elsewhere, we will return the aid and replacement parts to you within 72 hours.

お客様が修理に必要な交換部品の提供を希望するが修理は他で行うことを希望する場合、その旨お伝えいただければ、当社は72時間以内に補聴器と交換部品を返送いたします。

There is no charge for inspection.

なお、検査費用は無料です。

 

How Does State Law Apply? 関係する法律は?

 

This warranty gives you specific legal rights, and you may also have other rights which vary from state to state.

この保証は、お客様に一定の法的権利を与えるもので、お客様には、他の権利(州によって異なる)も与えられる場合があります。

 

 

Q13: 黙示の保証の保証期間を限定する限定保証のサンプルは?

A13: 以下に、あるパソコンメーカーが米国内で販売しているパソコンの保証書から関係部分のみ抜粋し一部修正したものを示します。下の(*)の部分で、黙示の保証の保証期間を限定しています。

 

 

LIMITED WARRANTY 限定保証

 

…This warranty gives You specific legal rights.

…この保証はお客様に一定の法的権利を与えます。

You may also have other rights which vary from State to State or Province to Province. …

お客様には、州ごとまたは地域ごとに異なるその他の権利が与えられている場合もあります。…

 

Warranty 保証

 

For 1 year from the date You purchased Your Product from an authorized retailer (“Warranty Period”), ABC warrants, only to You (the original end-user), that the Product will not malfunction due to a defect in materials or workmanship under Normal Use Conditions (ordinary consumer use under normal conditions according to the instruction manual).

お客様が製品を認定販売店から購入した日から1年間(「保証期間」)、ABCは、お客様(最初の最終使用者)のみに対し、製品に、「通常の使用条件」(取扱説明書に従った通常の条件下での消費者による通常の使用)下で材料上または製造上の瑕疵(defect)に起因する作動不良(malfunction)が生じないことを保証します。

This is the only warranty ABC gives for Your Product.

この保証は、ABCがお客様の[購入した]製品に関し行う唯一の保証です。

ABC gives no other guarantee, warranty, or condition. ….

ABCは、これ以外の保証または条件をいたしません。…

…IF YOUR STATE’S OR PROVINCE’S LAW GIVES YOU ANY IMPLIED WARRANTY, INCLUDING AN IMPLIED WARRANTY OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE, ITS DURATION IS LIMITED TO THE WARRANTY PERIOD. …

…お客様が居住する州または地域の法律により、黙示の保証(商品性または特定目的への適合性の黙示の保証を含む)がお客様に与えられる場合、その保証の期間は「保証期間」に限定されます。… (*)

 

ABC’s Responsibility  ABCの責任

 

… If ABC or the retailer determines that the Product malfunctioned due to a defect in materials or workmanship during the Warranty Period under Normal Use Conditions, ABC or the retailer will (at its option) repair or replace it, or refund the purchase price to You. …

… ABCまたは販売店が、保証期間中に材料上または製造上の瑕疵が原因で製品が「通常の使用条件」下で作動不良が生じたと判断した場合、ABCまたは販売店は(その選択により)製品を修理もしくは交換しまたはお客様に購入代金を返還します。…

… ABC’S RESPONSIBILITY TO REPAIR OR REPLACE YOUR PRODUCTS, OR TO REFUND THE PURCHASE PRICE, IS YOUR EXCLUSIVE REMEDY. …

製品の修理もしくは交換または購入代金返金が、お客様に与えられる唯一の救済となります。…

 

Warranty Exclusions 保証の対象外事項

 

ABC is not responsible and this warranty does not apply if Your Product is:

製品が以下のいずれかに該当する場合、ABCは責任を負わず、また、この保証の適用対象外となります。

(i) damaged by use with products not sold or licensed by ABC;

製品が、ABCが販売またはライセンスしていない製品とともに使用されたことにより問題が生じた場合。

(ii) opened, modified, or tampered with (including, for example, any attempt to defeat or circumvent any ABC technical limitation or security mechanism, etc.), or its serial number is altered or removed;

製品が、開かれ、改造改変または改ざん(例えば、ABCが施した技術的制限またはセキュリティー措置を無効化しまたは回避しようとすることなどを含む)され、または、製品のシリアル番号が変更または消去された場合。

(iii) damaged by any external cause (including, for example, by being dropped, exposed to liquid, used with inadequate ventilation, etc., or failure to follow instructions in the instruction manual);

製品が、外的要因(例えば、落下、液体がかかったこと、換気不十分での使用など、または、取扱説明書の指示に従わなかったことなど)により損傷した場合。

(iv) scratched, dented, etc. or shows other cosmetic damage; or

製品の引っかき傷、へこみなどその他の外観上の問題。

(v) repaired by anyone other than ABC or an authorized retailer. …

製品をABCまたは認定販売店以外の者が修理した場合。…

ABC is not responsible and this warranty does not apply if Your Product is used with an operating system other than the operating system preinstalled in Your Product, or any contemporaneous or later version of that operating system.

製品が製品にプリインストールされているオペレーティングシステムまたはそれ以降のバージョン以外のオペレーティングシステムで使用されている場合、ABCは責任を負わず、また、この保証は適用されません。

This warranty also does not apply to consumable parts that are designed to diminish over time unless the failure has occurred due to a defect in materials or workmanship.

この保証は、問題が材料上または製造上の瑕疵により生じたものでない限り、経年変化により消耗・損耗した部品にも適用されないものとします。

ABC does not guarantee that Your use of the Product will be uninterrupted, timely, secure, or error-free, or that data loss will not occur.

ABCは、製品の使用に関し中断がないこと、適時になされること、セキュリティー上問題がないこともしくはエラーがないこと、または、データ消失が生じないことを保証しません。…

 

– この他、紛争解決手段(当事者間の協議→小額裁判所(Small Claims Court)による解決→米国仲裁協会(American Arbitration Association:AAA)の商事仲裁規則に従った仲裁による解決)、陪審裁判を受ける権利・集団訴訟の権利の放棄等も規定されている。-

 

 

今回はここまでです。次回は、保証条項と同様、どの取引契約でも最も法的交渉の対象となることが多い、第三者の知的財産権侵害に関する責任に関する条項について解説する予定です。

 

「Q&Aで学ぶ英文契約の基礎」シリーズ一覧

 

[5]                 

【注】

 

[1] 【Magnuson-Moss Warranty Act】 (条文)15 U.S. Code CHAPTER 50—CONSUMER PRODUCT WARRANTIES.

[2] 【Magnuson-Moss Warranty Actに関するFTCの解説】 Federal Trade Commission (FTC) “BUSINESS PERSON’S GUIDE TO FEDERAL WARRANTY LAW

[3] 【商品性・特定目的適合性の黙示の保証】 ルイジアナ州を除く全ての州で州法となっているUCC(統一商事法典)(2-314, 2-315)によりこれらの黙示の保証が規定されている(本Q&A第39回参照)。「FTC解説」では要旨以下の通り説明されている。(1) 「商品性の黙示の保証(the implied warranty of merchantability)」: 販売された商品が本来の目的を果たし重大な問題はないということの保証。言い換えれば、商品が販売に適しているという黙示の保証。(例)商品がオーブンの場合、そのオーブンが適切な状態で販売されており、かつ、買主が選択した温度で食品を焼くことができることの保証。(2) 「特定目的への適合性の黙示の保証」(the implied warranty of fitness for a particular purpose): 買主が、事業者(売主)による製品が特定の目的に使用できるというアドバイスを信頼してその製品を購入した場合における、当該製品が当該目的に適合していることの保証。

[4] 【黙示の保証の存続期間】 一般に、各州法(上、黙示の保証の期間の定めはない。しかし、明示または黙示の保証の違反に対する州の出訴期限が、通常商品購入日から4年であるから、これにより期間的に制限される。

[5]

==========

【免責条項】

本コラムは筆者の経験にもとづく私見を含むものです。本コラムに関連し発生し得る一切の損害等について当社および筆者は責任を負いません。実際の業務においては、自己責任の下、必要に応じ適宜弁護士のアドバイスを仰ぐなどしてご対応ください。

(*) このシリーズでは、読者の皆さんの疑問・質問等も反映しながら解説して行こうと考えています。もし、そのような疑問・質問がありましたら、以下のメールアドレスまでお寄せ下さい。全て反映することを保証することはできませんが、筆者の知識と能力の範囲内で可能な限り反映しようと思います。

review「AT」theunilaw.com(「AT」の部分をアットマークに置き換えてください。)

 

 

【筆者プロフィール】

浅井 敏雄 (あさい としお)

企業法務関連の研究を行うUniLaw企業法務研究所代表/一般社団法人GBL研究所理事

1978年東北大学法学部卒業。1978年から2017年8月まで企業法務に従事。法務・知的財産部門の責任者を米系・日本・仏系の三社で歴任。1998年弁理士試験合格(現在は非登録)。2003年Temple University Law School (東京校) Certificate of American Law Study取得。GBL研究所理事、国際取引法学会会員、IAPP (International Association of Privacy Professionals) 会員、CIPP/E (Certified Information Privacy Professional/Europe)

【発表論文・書籍一覧】

https://www.theunilaw2.com/

 

 

関連記事

More from my site

  • 2019年8月15日 Q&Aで学ぶ英文契約の基礎(6) - クラウドサービス規約(1) この「Q&Aで学ぶ英文契約の基礎」第6回では、契約の一形態である「規約」に関し、Amazonのクラウドサービスの利用規約を取り上げて解説します[1]。   Q1:クラウドサービスとは何ですか? A1:クラウドサービス(英語では"cloud (computing) service")とは、クラウドサービス提供事業者(英語では"cloud […]
  • 2019年4月8日 ゼロから始める企業法務(第2回)/契約法務のための「ノウハウ」と「ツール」 記事広告:『終身雇用終焉後の法務キャリア』 皆様、こんにちは!堀切です。 これから企業法務を目指す皆様、念願かなって企業法務として新たな一歩を踏み出す皆様が、法務パーソンとして上々のスタートダッシュを切るための「ノウハウ」と「ツール」をお伝えできればと思っています。今回の題材は「契約」業務です。   企業法務にとって契約とは 皆様は、契約についてどの様 […]
  • Q&Aで学ぶ英文契約の基礎(14) -  紛争解決条項(3)2019年12月15日 Q&Aで学ぶ英文契約の基礎(14) -  紛争解決条項(3)   この「Q&Aで学ぶ英文契約の基礎」第14回では、前回に引き続き、(国際商事)仲裁について解説します。   Q1:紛争解決を仲裁で行う場合、仲裁条項のドラフティング上注意すべきことは何ですか? A1: ① 前提として、最低限、仲裁地、仲裁機関および仲裁手続を決定し、その上で、② […]
  • 2021年1月1日 Q&Aで学ぶ英文契約書の基礎 第39回 – 保証(Warranty):米国統一商事法典(UCC)   国際契約でも国内契約でも同じですが、契約交渉の重要ポイントとなることが最も多いことの一つは、取引対象製品(ソフトウェアを含む)やサービスの保証(Warranty)(国内契約では契約不適合責任)条項だと思います。今回からこの保証(Warranty)に関し解説していきますが、最初に、Uniform Commercial […]
  • 2019年9月1日 Q&Aで学ぶ英文契約の基礎(7) - クラウドサービス規約(2)   この「Q&Aで学ぶ英文契約の基礎」第7回では、契約の一形態である「規約」(または約款)に関し、前回に続き、Amazon Web Service(以下「AWS」)の利用規約である"AWS Customer Agreement" […]
to top