法務の鉄人(7)『法務としての成果の見せ方』

私が現職に入社した当時メンターから教わったことで、これまで全く盲点だったのは、『成果の見せ方』だった。

会社で仕事を頑張るのは勿論大事だが、自分の努力が認められるには、自分の頑張りが成果となって表れていることをどう見せられるかが重要であるという観点である。

これは、会社が大きくなるほど重要である。これは、法務・コンプライアンス分野に限られない。

 

まず1つ目のポイントは、

◇完結させること

プロジェクトでも何でも、時間に終われ、終盤まで至ったのにきっちり完結しないということがある。これは非常に勿体ない。プロジェクトが思ったような成果をあげられなかったとしても、やりきったことが成果となる。

 

2つ目は、

◇小さな成功から始めよう

新しい組織に入って、大きなことから始めるのは簡単ではない。だから、まずは小さな成功を成し遂げよう。それを少しずつスケールアップしていくのである。この方法では、会社や組織にあった進め方がわかり、実績ができることで周りのサポートが得られやすくなる。

 

3つ目は、

◇ビフォー/アフター、次への課題を明示すること

成果の捏造は許されないが、自分たちの頑張りが会社の課題をどのように改善させたのか、次はどうするのかを見せることが重要。このときに変化を数字で見せられるとなお良いが、法務・コンプライアンス領域では難しい場合もある。評価をA、B、Cなどに置き換えるのも良いかもしれない。

 

4つ目は、

◇成果をあげたら、なるべく早くにそれを報告・発表すること

鮮度が落ちるとインパクトも落ちる。

 

5つ目は、

◇発表や報告をしたら、そのフィードバックをもらい、次に分かりやすく反映させること

 

この5点ができれば、あなたの作業はより評価されやすくなると考える。

また、例えばいつかあなたが転職を考えるときには、あなたの実績としてまとめやすいという副産物もあるといえよう。

 

==========

本コラムは著者の経験にもとづく私見を含むものです。本コラム内容を業務判断のために使用し発生する一切の損害等については責任を追いかねます。事業課題をご検討の際は、自己責任の下、業務内容に則して適宜弁護士のアドバイスを仰ぐなどしてご対応ください。

 

 

【筆者プロフィール】

Harbinger(ハービンジャー)

法学部、法科大学院卒。
司法試験引退後、株式会社More-Selectionsでインターンを経験。

その後、稀に見る超ブラック企業での1人法務を経て、スタートアップ準備(出資集め、許認可等、会社法手続き、事業計画等)を経験。転職した後、東証一部上場企業の法務部で、クロスボーダーM&Aを50社ほどを担う。また、グローバルコンプライアンス体制の構築に従事。

現職はIT企業のコンプライアンス担当。大学において、ビジネス法の講師も行う。

 

 

関連記事

More from my site

  • Q&Aで学ぶ契約書作成・審査の基礎 第4回 – 契約用語2021年7月15日 Q&Aで学ぶ契約書作成・審査の基礎 第4回 – 契約用語   契約書では、日常あまり使わない独特の用語・用法(以下「契約用語」という)が使われる場合があります。契約を一から作成するような場合、この契約用語の使い方に案外悩むのではないでしょうか。そこで、今回はこの契約用語について解説します。 なお、本Q&Aは、全く新任の法務担当者(新卒者や法学部以外の出身者を含む)も読者として想定しているので、基本的なことから解説 […]
  • ゼロから始める企業法務(第20回/法務担当者の選考方法)2021年7月12日 ゼロから始める企業法務(第20回/法務担当者の選考方法) 皆様、こんにちは!堀切です。 これから企業法務を目指す皆様、念願かなって企業法務として新たな一歩を踏み出す皆様が、法務パーソンとして上々のスタートダッシュを切るための「ノウハウ」と「ツール」をお伝えできればと思っています。今回は法務担当者の選考方法(必要な力量の洗い出しとその見極め方等)について記事にしたいと思います。   「1人法務」から「複数法務」 […]
  • Q&Aで学ぶ契約書作成・審査の基礎 第3回 – 契約のスタイル:契約書末尾2021年7月1日 Q&Aで学ぶ契約書作成・審査の基礎 第3回 – 契約のスタイル:契約書末尾   今回は, 前回に引続き契約書のスタイルやそれに用いる用語などに関し解説します。順番から言えば, 今回は, 契約書の本文(具体的条項部分)のスタイル等の解説ですが, それについては解説することが多いので, 先に, 契約書末尾について解説します。 なお, 本Q&Aは, 全く新任の法務担当者(新卒者や法学部以外の出身者を含む)も読者として想定しているので, […]
  • 2021年7月1日 GDPR関連資格をとろう!Q&Aで学ぶGDPRとCookie規制(35)-受領者への通知/データ・ポータビリティーの権利   今回は, ①管理者が, データ主体の要求に応じ行った個人データの訂正, 消去または処理制限を, その個人データを開示(提供)した各受領者に通知すべき義務, および, ②データ主体のデータ・ポータビリティーの権利に関し解説します。      【目  次】 (各箇所をクリックすると該当箇所にジャンプします) Q1: […]
  • 2021年6月1日 GDPR関連資格をとろう!Q&Aで学ぶGDPRとCookie規制(33)-アクセス権(2)   今回は前回解説したアクセス権に関し, 仮の事例ですが具体的事例でアクセス権への実際の対応方法について考えてみましょう。 なお, この事例は, 世界的情報プライバシー団体であるIAPP(The International Association of Privacy Professionals)の認定資格であるCIPP/E(Certified […]
to top