セミナー・研修情報

リーガルビジネススクール国際法務担当者育成コース(第1回)

セミナー・研修詳細

名称 《第1回》契約締結権限・契約審査基準
日時 2019年4月10日(水)13:30~16:30
詳細 当日は、下記の流れで、こちらで用意したビジネスシチュエーションを題材に、国際法務経験豊富な講師との双方向でのコミュニケーションを行い、ときに、少人数のグループでのディスカッションを織り交ぜながら、参加者が思考しアウトプットするプログラムとなっております。一方的に話を聞くセミナーとは異なり、知識を得るだけでは習得できない、企業法務の思考法・仕事術などの実践的な能力を習得することが出来ます。


【講師からケースの説明】→【グループディスカッション】→【各グループの発表】→【講師・受講者間での質疑応答】→【講師レビュー】


★前回開催時(2017年)の参加者の声★
・書籍等では実務に近い情報が無い為、講座で具体的なケースを想定し仕事の進め方を理解出来てる内容がとてもよかったです。
・少人数で法務業務を担当している為、自分自身の経験、知識、感覚で仕事をしてしまうことが多く、法務業務をする上で大事な思考のフレームワークを学べて良かったです。
・講義内容はもちろんですが、他社の法務担当の意見を聞くことが出来て、とても参考になりました。

★今回のテーマ★
「契約案件(契約締結権限、契約審査基準)」

■契約締結権限
米国食品会社の100%出資日本法人の法務担当者(日本を含むアジア地域の関係会社の契約案件および関連業務を担当)が、タイ王国に設立された関係会社の人事担当者からWork Permitを要請されたケースを題材に、契約締結権限等に関する事項を検討します。

■契約審査基準
銀行・金融業界に精通した人材を提供する事業を行っている米国法人の100%出資日本法人の法務担当者が、クライアントと派遣に関する取引基本契約書について契約交渉を行うケースを題材に、契約審査基準の在り方および損害賠償関連条項に関する考え方などを検討します。

※ こちらで事前課題を用意し、受講前にケース理解を深めていただきます。
※ 本講座は「リーガルビジネススクール 国際法務担当者育成コース(全6回)」の第1回講座を兼ねております。そのため、そちらの申込者と一緒に本講座を受講いただく形となります。
対象者 以下の2つの条件の両方を満たす方
(1)企業法務経験が1ヶ月以上有る方
(2)英文契約の審査経験が有る方又はTOEIC730点以上相当(目安)の英語力のある方
※上記を満たせば企業法務担当者だけでなく、弁護士等の方もご参加が可能です。
受付人数 15人まで
講師紹介 登島 和弘
サイネオス・ヘルス合同会社
アジア太平洋地域法務責任者

1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
場所 TKC東京本社 会議室
東京都新宿区揚場町2-1軽子坂MNビル2F
アクセス 地下鉄有楽町線、東西線、南北線、大江戸線 飯田橋駅 B4b出口すぐ
JR飯田橋駅より徒歩5分
地図
料金 27,000円(税込) ※同じ会社から2名以上のお申込の場合は30%引きの18,900円/名(税込)とさせていただきます。
支払い方法 下記の銀行口座にお振込みください。

銀行名 三菱UFJ銀行
口座種別  普通
口座番号 4053847
支店名 渋谷支店
口座名 カ)モアセレクシヨンズ

※お振込み手数料はお客様負担となります。
※支払期限は、開催日の属する月の翌月末です。
キャンセルについて 開催日前日までにご連絡ください。

セミナー・研修予約

希望するセミナーの日時を選択してセミナーを予約してください。

リーガルビジネススクール国際法務担当者育成コース《第1回》

2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2021年9月

関連記事

More from my site

  • 【インタビュー】企業法務の仕事内容と学び方(前編)2019年5月19日 【インタビュー】企業法務の仕事内容と学び方(前編) 記事広告:『終身雇用終焉後の法務キャリア』 本日は、法務部の仕事内容とその学び方という観点から、滝川ビジネス契約コンサルティングの「滝川宜信さん」にインタビューをさせていただきました。滝川さんは、株式会社デンソーの法務部で部長を務めた一方、名古屋大学大学院法学研究科客員教授や明治学院大学の教授も歴任し、行政書士の資格も取得。現在は都内で契約等のコンサルテ […]
  • 2021年9月15日 GDPR関連資格をとろう!Q&Aで学ぶGDPRとCookie規制(40) – 個人データ侵害通知・委託先管理 前回, 個人データの処理のセキュリティに関し解説しました。今回は, そのようなセキュリティをしていても個人データの漏えいが生じた場合の監督機関・本人への報告・通知, および, 個人データの処理を他に委託する場合に関するGDPRの規定を解説します。この二つの問題については, それぞれガイドラインが発表されているので後の回で解説しますが, 先ず, […]
  • 2020年8月1日 Q&Aで学ぶ英文契約書の基礎 第29回 -  秘密保持条項(2)  前回、以下の「秘密保持条項で規定すべき事項」の内、①を解説しました。今回は②の「秘密情報であることの特定の方法」を解説します。 【秘密保持条項で規定すべき事項】 ①「秘密情報」の定義 ②  秘密情報であることの特定の方法 ③  秘密情報から除外される情報 ④  秘密保持義務の内容 ⑤  秘密保持期間 ⑥  […]
  • 法務の鉄人 (9) 『引き継ぎの意味』2019年4月17日 法務の鉄人 (9) 『引き継ぎの意味』 引き継ぎの趣旨 春は出会いと別れの季節。新しい人が入社してきたり、新たな場所に旅立っていく。 人が辞めるとき、自分が辞めるとき、引き継ぐとき、待っているのは引き継ぎ。 この引き継ぎというものは、意外と難しい。今回はこれについて話そう。 私は、会社に入ったのならば、何かで一番になるべきだと思っている。一番になるためには、圧倒的な興味、圧倒的な知識、そして経験 […]
  • 2020年5月25日 ゼロから始める企業法務(第13回)/法務から見た“知財攻略法” 皆様、こんにちは!堀切です。 これから企業法務を目指す皆様、念願かなって企業法務として新たな一歩を踏み出す皆様が、法務パーソンとして上々のスタートダッシュを切るための「ノウハウ」と「ツール」をお伝えできればと思っています。今回は法務から見た知財攻略法についてお話いたします。   知財の重要性 会社の製品や技術が持つ知的財産を特許や商標として出願するこ […]
to top