ベンチャー法務の特徴と心構え(第2回:企業とSNS①~炎上動画への対処法~)

はじめに

近年では、SNSを活用したマーケティングが一般的になり、導入している企業も多いと思います。SNSマーケティングは、従来の広告手段と比べて広告コストを押さえることができること、拡散力が高いこと、「スマホ世代」と呼ばれる若年層に効果的にアプローチできること、などメリットが非常に多いのは事実ですが、気軽に利用できる反面企業としては注意すべき点が多々あります。

そこで今回から数回にわたって、企業とSNSに関する諸問題について法的観点から考えていきたいと思います。

第1回目は、近頃話題になっている従業員による「不適切」動画の投稿について、その問題点と対処法に焦点を当てます。

 

背景

近年、大手飲食チェーンやコンビニエンスストアのアルバイト従業員による「不適切」動画が発端となって、株価の下落や全国一斉休業などの事態に発展した事例が報道されています。そこで、まずは頭の体操を兼ねて、不適切動画に対して法的にどのような対応が可能か検討してみます。

 

法的責任

 

1刑事上の責任

(1)偽計業務妨害罪の成立

第1に偽計業務妨害罪の成立が考えられます。同罪の構成要件である「虚偽の風説を流布し」は、虚偽の事項を内容とする噂を不特定または多数の者に知れわたるような態様において伝達すること、と解釈されていますから、その企業の品位を貶める、あるいはその企業における管理水準等を下回る状況を撮影のうえSNSや動画投稿サイトに投稿することは「虚偽の風説を流布し」に該当し、それによって消費者が「買い控え」に動いた(売り上げが当該投稿によって減少した)ことが立証されれば、偽計業務妨害罪が成立する可能性があります。企業としては、これを根拠に被害届の提出、あるいは刑事告訴を行い、従業員の処罰を求めることが考えられます。これは当該企業に対する罪になります。

 

(2)その他の罪

食品に対する毒物や異物の混入等、人の健康・生命に直接かかわる事案においては、結果の発生、因果関係が認められる場合、傷害罪や殺人罪等、被害者に対する罪が成立する可能性もあります。

 

 

 

2民事上の責任

(1)債務不履行責任

雇用契約における労働者の主たる義務は、「労働力の提供」ですが、従業員はこれに内包あるいは付随する義務として、「企業のイメージを損ねてはならない義務」、「企業に損害を与えてはならない義務」を負っていると解釈されています。

したがって、不適切動画の投稿によってそのような義務に違反することは、債務不履行となり、企業は、これを根拠に当該従業員に対して損害賠償を請求することが可能となります。

 

(2)不法行為責任

不適切動画を投稿した場合、少なくとも企業に損害を与えることは予見することができると考えられますから、(1)債務不履行責任と同時に不法行為の成立要件も満たすことになり、企業は、これを根拠に従業員に対して損害賠償の請求をすることも可能と思われます。

なお、企業としては債務不履行責任を選択した方が証明責任の点で有利なため、通常は債務不履行責任を問うことが一般的でしょう。

 

 

3その他の責任

ここで考えられるのが、懲戒制度によって責任を問うものです。就業規則の懲戒に関する規定を根拠に、戒告、減給、停職、解雇等を行うものです。悪質性、影響の大小によって懲戒手続という社内手続で完結することもあれば、懲戒と上記の法的手段を組み合わせることも考えられます。

 

 

法的手段の限界

以上みてきたように、法的手段は基本的には事後手続になります。しかし、一度投稿されてしまうと拡散が止まらないというSNSの性質を考えると、事後手段では目的を達することが難しいのが現実です。また、従業員の賠償能力の問題や、そもそも長く就業する意思のないアルバイト従業員に対して懲戒解雇の威嚇がどれほど効果があるかは疑問です。

そこで必要となってくるのが社内教育による意識の徹底であり、法務担当者はここに力を入れていく必要があります。

具体的には、社内の全役職員を対象とした勉強会、研修の制度を作り、運用していくと良いでしょう。ここで大切なのが、役員・幹部も含めた全役職者を研修の対象とすることです。役員・幹部も研修の対象とすることで、「組織としてこのような事象を事前に防止しよう」という一体感を醸成することができます。

また、次回以降で詳しく取り上げますが、SNSによる投稿が内容次第で景品表示法違反となる可能性は、経験豊富な幹部であっても意外と見落としがちな点です。

研修の内容としては、具体的な他社事例や発生した損害の大きさ等を取り上げたり、特に若年層の非正規従業員に対する教育では、デジタルタトゥー(一度投稿された内容が半永久的にインターネット上に残るため、投稿者本人が一生苦しめられること)について触れ、SNS投稿に対する、ある種の「緊張感」がもてる内容にすることが効果的です。

 

次回は、企業とSNSの第二弾として、景品表示法の注意点について考えていきます。

 

 

 

==========

本コラムは著者の経験にもとづく私見を含むものです。本コラム内容を業務判断のために使用し発生する一切の損害等については責任を追いかねます。事業課題をご検討の際は、自己責任の下、業務内容に則して適宜弁護士のアドバイスを仰ぐなどしてご対応ください。

 

 

【筆者プロフィール】
小俣 浄

慶應義塾大学法学部法律学科卒
早稲田大学ロースクール修了
大手ITベンチャーグループの法務担当として契約法務、紛争対応をはじめ、新規事業立ち上げ、M&A、知的財産戦略、第三者割当増資、組織再編など幅広い業務を経験。
現在は、自ら創業した会社の経営を行うほか、専門学校でビジネス法務やファイナンスの講義を担当するなど、後進の育成にも力を入れている。
思い立ったらすぐに行動する性格。フットワークの軽さとノリの良さが強み。

 

関連記事

More from my site

  • Q&Aで学ぶ契約書作成・審査の基礎 第4回 – 契約用語2021年7月15日 Q&Aで学ぶ契約書作成・審査の基礎 第4回 – 契約用語   契約書では、日常あまり使わない独特の用語・用法(以下「契約用語」という)が使われる場合があります。契約を一から作成するような場合、この契約用語の使い方に案外悩むのではないでしょうか。そこで、今回はこの契約用語について解説します。 なお、本Q&Aは、全く新任の法務担当者(新卒者や法学部以外の出身者を含む)も読者として想定しているので、基本的なことから解説 […]
  • ゼロから始める企業法務(第20回/法務担当者の選考方法)2021年7月12日 ゼロから始める企業法務(第20回/法務担当者の選考方法) 皆様、こんにちは!堀切です。 これから企業法務を目指す皆様、念願かなって企業法務として新たな一歩を踏み出す皆様が、法務パーソンとして上々のスタートダッシュを切るための「ノウハウ」と「ツール」をお伝えできればと思っています。今回は法務担当者の選考方法(必要な力量の洗い出しとその見極め方等)について記事にしたいと思います。   「1人法務」から「複数法務」 […]
  • Q&Aで学ぶ契約書作成・審査の基礎 第3回 – 契約のスタイル:契約書末尾2021年7月1日 Q&Aで学ぶ契約書作成・審査の基礎 第3回 – 契約のスタイル:契約書末尾   今回は, 前回に引続き契約書のスタイルやそれに用いる用語などに関し解説します。順番から言えば, 今回は, 契約書の本文(具体的条項部分)のスタイル等の解説ですが, それについては解説することが多いので, 先に, 契約書末尾について解説します。 なお, 本Q&Aは, 全く新任の法務担当者(新卒者や法学部以外の出身者を含む)も読者として想定しているので, […]
  • 2021年7月1日 GDPR関連資格をとろう!Q&Aで学ぶGDPRとCookie規制(35)-受領者への通知/データ・ポータビリティーの権利   今回は, ①管理者が, データ主体の要求に応じ行った個人データの訂正, 消去または処理制限を, その個人データを開示(提供)した各受領者に通知すべき義務, および, ②データ主体のデータ・ポータビリティーの権利に関し解説します。      【目  次】 (各箇所をクリックすると該当箇所にジャンプします) Q1: […]
  • 2021年6月1日 GDPR関連資格をとろう!Q&Aで学ぶGDPRとCookie規制(33)-アクセス権(2)   今回は前回解説したアクセス権に関し, 仮の事例ですが具体的事例でアクセス権への実際の対応方法について考えてみましょう。 なお, この事例は, 世界的情報プライバシー団体であるIAPP(The International Association of Privacy Professionals)の認定資格であるCIPP/E(Certified […]
to top