法務の鉄人(7)『法務としての成果の見せ方』

私が現職に入社した当時メンターから教わったことで、これまで全く盲点だったのは、『成果の見せ方』だった。

会社で仕事を頑張るのは勿論大事だが、自分の努力が認められるには、自分の頑張りが成果となって表れていることをどう見せられるかが重要であるという観点である。

これは、会社が大きくなるほど重要である。これは、法務・コンプライアンス分野に限られない。

 

まず1つ目のポイントは、

◇完結させること

プロジェクトでも何でも、時間に終われ、終盤まで至ったのにきっちり完結しないということがある。これは非常に勿体ない。プロジェクトが思ったような成果をあげられなかったとしても、やりきったことが成果となる。

 

2つ目は、

◇小さな成功から始めよう

新しい組織に入って、大きなことから始めるのは簡単ではない。だから、まずは小さな成功を成し遂げよう。それを少しずつスケールアップしていくのである。この方法では、会社や組織にあった進め方がわかり、実績ができることで周りのサポートが得られやすくなる。

 

3つ目は、

◇ビフォー/アフター、次への課題を明示すること

成果の捏造は許されないが、自分たちの頑張りが会社の課題をどのように改善させたのか、次はどうするのかを見せることが重要。このときに変化を数字で見せられるとなお良いが、法務・コンプライアンス領域では難しい場合もある。評価をA、B、Cなどに置き換えるのも良いかもしれない。

 

4つ目は、

◇成果をあげたら、なるべく早くにそれを報告・発表すること

鮮度が落ちるとインパクトも落ちる。

 

5つ目は、

◇発表や報告をしたら、そのフィードバックをもらい、次に分かりやすく反映させること

 

この5点ができれば、あなたの作業はより評価されやすくなると考える。

また、例えばいつかあなたが転職を考えるときには、あなたの実績としてまとめやすいという副産物もあるといえよう。

 

==========

本コラムは著者の経験にもとづく私見を含むものです。本コラム内容を業務判断のために使用し発生する一切の損害等については責任を追いかねます。事業課題をご検討の際は、自己責任の下、業務内容に則して適宜弁護士のアドバイスを仰ぐなどしてご対応ください。

 

 

【筆者プロフィール】

Harbinger(ハービンジャー)

法学部、法科大学院卒。
司法試験引退後、株式会社More-Selectionsでインターンを経験。

その後、稀に見る超ブラック企業での1人法務を経て、スタートアップ準備(出資集め、許認可等、会社法手続き、事業計画等)を経験。転職した後、東証一部上場企業の法務部で、クロスボーダーM&Aを50社ほどを担う。また、グローバルコンプライアンス体制の構築に従事。

現職はIT企業のコンプライアンス担当。大学において、ビジネス法の講師も行う。

 

 

関連記事

More from my site

  • 法務の鉄人 (9) 『引き継ぎの意味』2019年4月17日 法務の鉄人 (9) 『引き継ぎの意味』 引き継ぎの趣旨 春は出会いと別れの季節。新しい人が入社してきたり、新たな場所に旅立っていく。 人が辞めるとき、自分が辞めるとき、引き継ぐとき、待っているのは引き継ぎ。 この引き継ぎというものは、意外と難しい。今回はこれについて話そう。 私は、会社に入ったのならば、何かで一番になるべきだと思っている。一番になるためには、圧倒的な興味、圧倒的な知識、そして経験 […]
  • 法務部門のリーダーの役割とは?他の部門とは全く違う?2019年11月27日 法務部門のリーダーの役割とは?他の部門とは全く違う? 法務部門の人間特有の勉強癖・自己研鑽意識 多かれ少なかれ、法務部門にいる人間はいずれかならず意識するであろう法務部門のリーダーのことである(ここではあえて法務部長としておく)。 法務という特性をもつ組織のリーダー故に通常の事業部門とは異なるニーズなり、立ち振る舞いの仕方が要求されていると思う。 大変熱心な人はどこの世界にもかならず居るという事実は重々承知の上であ […]
  • 2019年11月18日 女性にとっての企業法務というキャリア② 女性が今後のキャリアについて考えるとき、結婚・出産といったライフイベントを念頭に置くことが少なくありません。10代~20代前半の大学生に、30歳、40歳の時の人生設計を想像してもらうと、そこには必ずと言っていいほど結婚している自分、子どもを持つことについても描かれています。 男性の生涯未婚率が5人に1人といわれる中、女子・男子学生問わず、40歳の時にはパートナーがいて、 […]
  • 2019年11月26日 法務は社内の敵?   前回に引き続き、法務部門のあるべき姿について掘り下げてみたい。 名前は同じ法務部門であっても、それぞれの会社で果たす役割は会社によって随分と異なるということが現実であると思っている。意外なことかもしれないが、東京や大阪等の日本の大都市に拠点を持つ大手法律事務所(特に海外の事務所の日本拠点)が日本でイベントを行うと、クライアント企業の多くは法務部門以外 […]
  • 実業部門から見た法務部2019年8月29日 実業部門から見た法務部 1.法務部門と事業部門の関係 私は大手の建設系会社において通算半世紀に及び法務部門に在籍している。この点を聞くと人は残念ながら私にとって有難くない印象を頂く人が多い。「法律やコンプライアンスのルールといった難しくてとっつきにくいことばかりを口にする往々にして事業の妨げになることをする人間。」程度に思っている人が多いのではないだろうか。私が実際に経験したのはこういったことを確 […]
to top