企業法務をこれから学んでいこうとする方々へ(その1)

30年以上、企業法務の前線にいると、さまざまな契約書のドラフトにお目にかかります。どこの契約書式集から引っ張ってきたものだろうと思うほど、見事なほどに平板で起伏のない契約書に出会うこともしばしばです。
こんなときは、
「こんな契約書で本当に当事者が意図したビジネスを実現できると思ったのだろうか。」
「いやいや、上司や営業サイドから早く契約書案を出せとせっつかれて、間に合わせで作ったものかもしれないなぁ。」
などと余計な心配をしながら、修正作業にとりかかるわけです。

さて、企業法務の仕事は、企業の事業領域にかかわらず、その大半は契約書の作成や審査・交渉です。したがって、これから企業法務としての仕事を始めて行こうとする方々は、“契約とは何なのか” ということをしっかりと理解しておく必要があります。

私は、自分が部下を持つようになってから、常々、自分の部下に対して、
「契約とは、ビジネスに線路を敷く仕事である」 と言い続けています。

では、ビジネスとは何でしょう。さまざまな定義がありえると思いますが、私は、
1.人の思いを
2.お金を出して買っていただく(売っていただく)ことのできるよう、
3.かたちにすること。
だと考えています。

では、ここで、人の思いとは、だれの思いでしょうか。
それは、そのビジネスにかかわっている、営業、製造、開発、調達、経理財務、人事、マーケティング、法務といった関係部門の方々すべての思いです(もちろん、最終的にはここに契約の相手方の思いが加わります。)。

したがって、企業法務担当者が、“ビジネスに線路を敷く” には、こうした関係者の方々の当該ビジネスに関する思いや考え方を聞き、相互にズレがあるのであれば、それを調整、あるいは止揚し、皆が納得できる内容にまとめ上げ、それを書面に落とし込み、自社内および相手方と共有できる形にする必要があります。

たとえば、ある大型取引について、財務は製品の納品後翌月末日締めで支払ってほしいと考えている場合に、営業としては、納品後の検収完了日を起算日にすべきだと考えているようなときは、これを、どう調整していくのかは、法務の腕の見せ所です。会社が置かれている立ち位置、事業環境、それぞれの担当者や責任者の関心事、最悪のケースのリスク、それを最小化するための方法などを徹底的に考え抜かなければなりません。

ここまでの説明で、「企業法務って思いのほか大変な仕事なんだなぁ」 と思った方。心配はありません。
私も最初からそんな立派な仕事ができたわけではありません。常にビジネスに入り込み、汗をかき、恥をかき(これって結構大事!)、悶え、苦しみながら、人の思いを理解していく努力を継続すれば、自ずと道は開けます。

大切なことは、企業の一員として、皆と同じ船に乗っていることを忘れないことです。そして、皆と一緒にビジネスを作り上げていく喜びを共有することです。

ビジネスという汽車が、誰と一緒に、どういう景色を見ながら、どこに向かって走ればいいのか?
そこに思いを馳せながら、その思いを契約書という線路に落とし込んでいく仕事。

みなさん、企業法務の仕事って、意外とロマンチックで、夢のある仕事だとは思いませんか?

 

 

==========

本コラムは著者の経験にもとづく私見を含むものです。本コラム内容を業務判断のために使用し発生する一切の損害等については責任を追いかねます。事業課題をご検討の際は、自己責任の下、業務内容に則して適宜弁護士のアドバイスを仰ぐなどしてご対応ください。

 

【筆者プロフィール】
登島 和弘

■学歴

  •  1980年 兵庫県立長田高等学校卒業
  •  1985年 中央大学法学部法律学科 卒業
  •  2008年 立命館大学大学院法務研究科 修了

■職歴

  •  1987年 スタンレー電気㈱ 総務部庶務課法務係
  •  1989年 日本ディジタルイクイップメント㈱ 法務本部法務部
  •  1995年 日本AT&T㈱ 契約部 第2契約課長
  •  1997年 松下冷機㈱ 法務室 主事
  •  2000年 デンドライト・ジャパン㈱ コーポレートサービス部統括部長
  •       法務部長・人事部長 兼任
  •  2013年 エンゼルプレイングカード㈱ 知的財産室 室長
  •  2014年 サイネオス・ヘルス合同会社 アジア太平洋地域法務責任者

■現在

  •  サイネオス・ヘルス合同会社 アジア太平洋地域法務責任者
  •  新企業法務倶楽部 代表
  •  一般社団法人 GBL研究所 会員
  •  国際取引法学会 会員
  •  中央大学真法会 会員

 

 

関連記事

More from my site

  • 法務の鉄人(5)『法務として“染まりきらない”ことの大切さ』2019年3月11日 法務の鉄人(5)『法務として“染まりきらない”ことの大切さ』 これまでは、会社の事業を知ったり、あなたの存在価値を高める話をしてきた。 今回は、「染まりきらない」話をしたい。 観点としては2つ。 1つは「新鮮な感覚」である。 どんな大きな企業であっても、一般的な感覚からすれば、「どうして?」と思うことがある。実はそこにその企業の根本的な問題や弱点が潜んでいることは少なくない。ところが、その企業に長くいるとその感覚が麻 […]
  • 2019年2月28日 法務の鉄人(4)「法務担当として短期に存在感を上げる方法」 前回までを【入門編】とするならば、今回からは […]
  • 2019年5月13日 ゼロから始める企業法務(第 3 回)/契約法務に要求される「多面的な視点」 皆様、こんにちは!堀切です。 これから企業法務を目指す皆様、念願かなって企業法務として新たな一歩を踏み出す皆様が、法務パーソンとして上々のスタートダッシュを切るための「ノウハウ」と「ツール」をお伝えできればと思っています。今回は契約業務を少し深掘りし、契約書を起案、審査する際に重要な、「多面的な視点」についてお話いたします。 契約書からの「気づき」をフィードバックすること […]
  • 2019年4月8日 ゼロから始める企業法務(第2回)/契約法務のための「ノウハウ」と「ツール」 皆様、こんにちは!堀切です。 これから企業法務を目指す皆様、念願かなって企業法務として新たな一歩を踏み出す皆様が、法務パーソンとして上々のスタートダッシュを切るための「ノウハウ」と「ツール」をお伝えできればと思っています。今回の題材は「契約」業務です。   企業法務にとって契約とは 皆様は、契約についてどの様なイメージをお持ちでしょうか? まさに保 […]
  • 2019年7月8日 『机上で論ずる企業法務』:第7回 契約法務 先人のやり方の踏襲・模倣・集積により帰納的に語られがちな『法務』。それゆえに、『法務』という概念は、多くの法務担当者の中で、どこか場当たり的で統一性がなく、全体像の見えない混沌とした概念になってしまっています。 本コラムでは、この『法務』の概念をシンプルに再定義した上で、新たなカテゴライズを施しながら個別の法務業務をマッピングし、“先例”ではなく“ロジック” […]
to top